元日は親子丼


 毎年ですが、元日はお仕事でした。今年は例年と違って残業することもなく終われたので、割と早く退社できました。
 翌日の 2日はお休みだったので、帰りに呑みたくなって、吉野家に寄りました。

藤島士半先生のウェブログ


 元日空いてる店は少ないのですが、今年は特に少なかったですね。そんなわけで吉野家です。ひところ、吉野家の冷酒は安いけどいまひとつ…と思っていましたが、慣れたのかそれなりに美味しいと思うようになりました。

藤島士半先生のウェブログ


 牛すき鍋膳のセットとともに呑む新年。ひとときの幸せ。ちなみに以前書いたかもしrてませんが、オイラは卵の黄身のふちにある白いの苦手なんで、とりあえずとってしまうオイラです。

藤島士半先生のウェブログ


 吉野家の牛すき鍋膳は卵を割った状態で提供されるので、普段なら生卵の入っている小鉢か卵の殻に、この白いのを入れるのですが、今回はお漬物のところに仕方なく入れました。

藤島士半先生のウェブログ


 そして、そこからなか卯に行き、親子丼をいただきました。ドクターコパさんっだかな? 違ったかもしれませんが、何年か前に見たテレビで開運料理として、黄色は金運を上げる色ということもあって親子丼を挙げられていました。たまご丼やカツ丼ではなく何故親子丼だったか細かな理由は忘れましたが、その番組を見て以降、元日に仕事を終えるとなか卯に寄って親子丼を食べるのが恒例のようになりました。元日から親子丼を食べられるお店って、なか卯以外に思いつかないですね。いつのまにか松屋の親子丼はなくなってるみたいですし…。
 少しでも運気が上昇するといいな♪
 

コメント