着メロにしてみたよ。 3-D THUNDER CEPTOR II / Hi score, name entry music.

 昔、Beepという雑誌のソノシートで聞いて、ビデオゲームのハイスコアネームエントリーの曲の中では相当お気に入りの一曲です。ちなみにオイラは 3DサンダーセプターII は遊んだことがありますが、その前のサンダーセプターは遊んだことがないんですよね。

 まだ中学生だったかな? 近所といっても歩いていくと遠いので、自転車でちょこちょこ遊びに行っていたゲームセンターに置いてあったんですよね。お小遣いも少なかったころなので、自分でビデオゲームをプレーできる回数はとても限られていたので、大抵は他人様の遊んでいるのを羨ましく見ているのですが、この 3-D THUNDER CEPTOR II は、アバターの映画以降、一頃は多かったけれど最近はめっきり減った気もしますが、専用のメガネをかけて見る 3D 映画のように、専用のゴーグルっていうのかスコープっていういのか、それを通して見ると飛び出す迫力ある 3D で展開されるゲームなのですが、傍で見る分には、そんな専用のものがないので、画面がチカチカというか非情に見づらいので、見ていても楽しめないゲームでした。でも、曲はいいんですよね。 Beep のソノシートを先に聞いていましたが、その雑誌のソノシートに収録されていた曲はメーンテーマとハイスコアネームエントリーの時に流れる曲の 2曲だったんですよね。

 今回、着メロに起用したのは、ハイスコアネームエントリーのときに流れる曲にしましたが、下位のときのネームエントリーの曲も捨てがたいいい曲なんですよね。ただ、 Beep で聞いていたこともあって、より思い入れが深いのはハイスコアのときの曲かな…。
 もう 30年以上も前のゲームだし、特殊筐体だったこともあって、サンダーセプターも 3-D サンダーセプター II もどちらも、それほど大量には出回っていないと思われるので、この着メロを聞いて、「それ、サンダーセプターだね。」なんて言われることもないとは思いますが、職場でふいにスマホの着信でこの着メロが鳴ると、ちょっと気恥しいオイラなのでした。
 
 昔買ったナムコゲームミュージック ボリューム 1に収録されていたので取り込めました、さすがに Beep のソノシートはもうないし、もし奇跡的にあっても、再生するレコードプレイヤーがありませんからね。USB接続のレコードプレイヤーもあるそうですが…。
 
 でも、記憶が曖昧ですが、後に発売されたナムコゲームミュージックのボリューム 3か 4あたりにサンダーセプターのアレンジ曲が収録されていたと思うので、いっそのことそっちを取り込みたかったのですが、その CDは見当たらなかった。やはり日ごろから整理整頓ができない奴はこういうときどうしようもなくなりますね。もう捨ててしまっているのかもしれないし、もしかしたら、どこかにあるのかもしれませんが、もしどこかにあって発見できても、きちんと再生できる状態なのかどうかも怪しい…。
 
 話がすぐそれますが、やはり自分の思い出こみの曲は、名曲として記憶されますね。
 

コメント

  1. […] ( 記事はこちら ) その際に […]